概 要

       名称

       所在地

 

       電話番号

       FAX番号

       E-mail

       代表者

       設立年月日

       地区概要

仙台東土地改良区

〒984-0032

宮城県仙台市若林区荒井字上目南20

022-288-5026

022-288-5208

sendai.e.tokai@orion.ocn.ne.jp

理事長 佐藤 稔

平成8年4月1日 (認可番号 宮区第343号)

地区面積 2,159ha(R2.4月現在)

組合員数 2,112名(R2.4月現在)


 本地域は宮城県仙台市市街地東部の仙台平野に位置し、地域東部は貞山運河に接し太平洋を望む。西部及び北部は市街化区域と二級河川七北田川、南部は一級河川名取川との境に囲まれた東西約5km、南北約9kmの平坦水田地帯であり、地形は東西に1/800~1/2,000の傾斜をなす標高0.40mから3.40mで起伏はほとんど見られない地域である。

 地域の用水は仙台市街地のほぼ中央を流れる一級河川名取川水系広瀬川を水源とし、愛宕橋の下流にある愛宕堰より取水、下流約500mの六・七郷堀分水ゲートで六郷地区と七郷地区に分水される。六郷地区に分水された用水は六郷堀を流下、各幹線水路へと分水される。七郷地区に分水された用水は七郷堀を流下して仙台堀調整ゲートで仙台堀と高砂堀に分水され、それぞれ分配される。


沿 革

 仙台東地区の水田は、一級河川名取川水系広瀬川に依存している。旧来、六郷堰普通水利組合及び七郷堰普通水利用組合により同一河川にそれぞれ独立した堰からの取水により運営されていたが、度重なる台風の影響で取水施設の壊滅的な被害を契機に、昭和29年6月に愛宕堰として統合された。

 組織も昭和29年5月11日宮区第180号で仙台市六郷土地改良区及び同年11月1日宮区第192号で仙台市七郷土地改良区の名称でそれぞれ土地改良区設立認可を得て、各々土地改良事業を行っていた。

 昭和63年に国から土地改良区活性化対策実施要綱が出され、宮城県はその要綱を受けて土地改良区統合整備計画を策定した。両土地改良区はその計画に賛同し、六郷・七郷土地改良区合併研究会、同統合整備推進協議会を経て合併予備契約調印式を執り行い、平成8年4月1日宮区第343号により新設合併の認可を受け、仙台東土地改良区を設立した。


組織・構成

 総代 36名

 理事 13名

 監事  3名

 委員

  ・総務委員会         5名(理事による組織)

  ・事業推進委員会       3名(理事による組織)

  ・用排水調整委員会     29名(理事3名・組合員26名による組織)

 職員

  ・事務長           1名

  ・総務課           3名

  ・事業課           5名

  ・頭首工・排水機場運転手   6名